院長ブログ

失敗処理

2022年1月31日

 何か一つ失敗すると「何もできない、自分は無能だ」と思ってしまう人がいる。しかもそれを周りに言う。今までの失敗を処理できずにいつまでも積み重ねて、それを検索して探して併せて考えているから。逆に今の失敗を処理していけば次の失敗も処理できる。処理とは失敗から学び、自分の次にどうするかの行動を変えること。それを続けていくだけのこと。起きてしまったことは防げない。失敗することが無能ではなく、失敗から学ばないのが無能なのだ。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事