院長ブログ

他人のせい

2021年9月9日

 自分が不機嫌になったり、失敗したことを他人のせいにしている人を見たり聞いたりすると気分が良くない。また欲望に任せた怒りを放出している人を見ても気分は良くないし、だいたいその人は他人のせいにしている。離婚や退職もだいたい同じで、他人のせいにしているうちは成長できないと思う。他人のせいにして切り替える方法は楽な道だから。


どうせ

2021年9月8日

 「どうせ僕は〜」と拗ねたところで誰も構ってくれなくなる。また家族や友人に「どうせあなたは〜」と言われて図星にしろ気分は良くない。どうせなら「どうせ」と言わずにまた言われたくない。「どうせ」は冗談でしか使わないようにしよう。


小さな楽しみ

2021年9月7日

 昨日、一羽の鳩が病院の玄関に雨宿りしにきてくれた。

 日々の小さな楽しみがある。何回かお風呂に入ること、少しの花を育てること、美味しい食事をすること、5分くらいお昼寝すること、髭を剃ること、髪にヘアトニックをかけること、朝のコーヒーを飲むこと、靴を揃えること、掃除機をかけること、車で聞いて歌う音楽、洗濯もののにおい、まだまだいっぱいある。何気ない日常の諸事を大切にしたい。これが幸せ、頑張る原動力。


悩み料理

2021年9月6日

 料理は切り方で美味しさが変わる。食感や火の通り方、見た目など。そして僕たちの人生の悩みごとも切り方で苦しさが変わる。何が問題か?誰の問題か?自分にできることは?それをいつやるか?って薄く細かく切ってみる。そうしたら受け入れること、努力できること、様子を見ることが分かれて見えてくる。スーッと楽になれる。逆に楽しいことは切らずにまるごと楽しんでしまおう。


パワハラ

2021年9月3日

 不安な人はとにかく人より優越に立ちたい。不安な親は子供を必要以上に叱る。また自信のない上司は部下にパワハラと捉えられる指導をしてしまう。上司と部下に優越は存在しない、あくまで職場での役割りが違うだけだと考える。上司と部下はそれぞれの役が上手くいくように思いやりたい。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事