院長ブログ

他人からの感謝

2022年1月12日

 自分は他人の好意を感謝する。しかし他人からの感謝を求めて自分が行動を起こしたら、それは間違いだと思う。なかには他人に感謝ができない人もいれば、好意に気づけない人もいるから。他人を喜ばせることができた自分に感謝する。また神様にも感謝したい。感謝は求めるものではなく、自分がいつもしているもの。


エネルギー

2022年1月11日

 自分のエネルギーって限られる。いくら仕事が速くなっても、マラソンが走れるようになってもなかなか増えない。だからエネルギーの使い方が大切。もっと言うと使い過ぎないように努めるのが賢明だ。焦る、心配、不安、憎む、拗ねる…。これらは間違いなく僕たちのエネルギーを奪う。また他人から愛されようと努力してもエネルギーを奪われる。つまり疲れる。奪われないためにはこれらの逆を考える。ゆっくりやる、受け入れる、自分に出来ることをする、そして自分から愛する。また苦手な人、ものには距離を置く。限られた自分のエネルギーを大事にするために。


うらめし

2022年1月7日

 子供を操作する、いつも急かすなどの心理的虐待チックなこと。両親や祖父母の不和。名声や地位のために働く親。自分だって勉強が苦手だとか、音痴、運動音痴、一重だとか二重だとか…。子供の頃これらは大なり小なりみんなあったはず。だから何?それで運命恨めしや?頑張らない理由は親のせい?大切なのは自分、今の自分。だから今の自分を受け入れて。誰のせいでもないから。強くて優しい人はみんな自分の逆境やピンチを乗り越えてることを想像して。運命は全部受け入れる。自分の力の及ばないことは全て受け入れる。受け入れられる器を大きくしてみて。


愛情力

2022年1月5日

 人によって愛情力は違う。人を愛する力が違うのだ。愛情力のある人は、他人のために惜しみなくエネルギーを注いでそれを自分の喜びとできる。勇気や希望、安らぎを与えることができる。それは自分を愛すことができるからだ。一方で愛情力のない人は他人を悪者にして、不平不満を口にして少しも進歩しない。他人を攻撃することでしかエネルギーが湧かないのだ。だから愛情力のない人の人生は不幸となりやすい。一番欲しい力は愛情力と信じている。


積極的人生

2022年1月4日

 強い人は一見すると苦しいことや悲しいこと、予期せないことが起きたとき、そのエピソードから自分にとってプラスになるよう意味を見つけて前を向く。弱い人は同じエピソードを視野狭く見つめ、誰かのせいにして、自分の不運を嘆きそこに留まる。強いか弱いかは同じエピソードに対してその人が後ろを見てそこに留まるか、前向きなメッセージを受け取れるかによる。僕たちにとって自分らしく生きること、自分の全てを受け入れて、愛して、どんな問題でも視点を変えて広く捉えて、誰かのせいにしないで、大切に生きる。欲しいもの、心があるなら努力する。これが積極的人生。

 写真は本日の発会式。今年も宜しくお願いします。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事