院長ブログ

直感に頼る

2022年7月5日

 考えに考えて、悩みに悩んで、綿密な計画を練りに練って結論を出して行動に移す。悪いことじゃないし、大切なことだとも思う。でもそこにエネルギーを使い過ぎて今を置き去りにしたり、予期せぬ出来事に振り回されがちになりやすいのでは。だったら自分の直感のみを頼り、まずは行動してみる方が上手くいく気がした。直感力は一生懸命生きていれば絶対についている力だから信じてみよう。


ご褒美は先に

2022年7月4日

 「これが終わったらご褒美がある」と思って、仕事にもマラソンにも、あらゆるものを頑張るために、自分で自分にご褒美を頭に浮かべてきた。しかしご褒美にたどり着く前に力尽きたり、その喜びを味わう前に人生が終わってしまったら勿体ない気もする。ご褒美を先にもらって、気持ちが満たされてから頑張る方が幸せを感じやすい気もする。しばらくはご褒美を先にもらってみよう。燃え尽きる前に。


気にしなくていい

2022年7月1日

 「あのときあなたはこう言って私を侮辱したのよ!」って何年も経ってから言う人がいる。たった一言でトラウマだと騒ぎだす。だけど言った張本人は全く思い出せないことも多い。逆に「あのときのあなたの一言で私は一生ついていくと決めたのよ!」って自分の一言で他人が人生決められてしまう。しかしこの一言も覚えていないことがあるのではないか?他人の自分をけなす一言も、褒める一言も気にしすぎると自分の人生狂ってくる。逆に自分の一言が他人の人生を変える。他人の言葉は気にし過ぎず、自分の心で生きる。だけど自分の言葉は大切に使う。これからはそうしてみよう。


孤独なとき

2022年6月30日

 孤独を感じることはある。「みんなは幸せそうなのに私だけ…」とか「あの人たちはいつも楽しそうなのに…」とか「何で僕だけこんなことをしなくちゃいけないんだ!」って。みんなと比べてるからそうなる。みんなと同じに考えるからそうなる。自分は唯一の自分。この世に、歴史上にもたった一人の自分。同じ訳がないのだ。同じでないことを独りぼっちとか孤独だって思わないでいい。自分が世界の主人公だって思えばいい。主人公は一人でいい。


ありがとう温泉

2022年6月28日

 「ありがとう」って物をもらって言う言葉ではないし、何かしてもらって言う言葉でもない。自分が気分が良くなって言う言葉。その言葉を聞くと聞いた人の心も温まり、また次の「ありがとう」が沸く。「ありがとう」が溢れている場所には人が集まり、みんなの心身の疲れも取れてしまう。温泉のような言葉だ。「ありがとう温泉」を作りたい。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事