院長ブログ

忘年会

2018年12月24日



 先週は有隣会の忘年会でした。医局の出し物は、ちびまる子ちゃんでした。僕は劇の中で、ヤブキルーペのCMをやりました。今年も気合いを入れて臨みました。今年は余興も仕事も力を出しきりましたが、来年は少し力を入れ過ぎないように、周りを信頼して何でも受け入れられる心構えを持っていきたいです。


クォーターバック

2018年12月3日

 大学時代のアメフトのチームメートがわかくさ病院に来てくれました。来院したのは仕事でもなく、もちろん遊びでもなく、僕の相談に乗ってくれるために。彼はただのチームメートではなく、同級生でしかもアメフトの花形ポジションを6年間務めたクォーターバックです。クォーターバックは、司令官で彼のコールつまりサインで彼を守るために、そしてプレーが上手くいくために、全員団結して動きます。一人一人が自分の役割を果たすために。そんな彼は身体能力も高く、頭脳明晰で決断力のある人物で、尊敬できる友人の一人です。今は大学病院で脳神経外科医として活躍しています。また力を貰えました。


誕生日

2018年11月26日

 先日誕生日を迎えた。多くの人が「おめでとう」と声をかけてくれた。ここまで生きてこれたこと、今の仕事をやれていることに有り難みを感じるとともに、両親への感謝の念を強く感じた。周りにはいつも励ましてくれる人たちがいて、その期待に応えられるように自然に生きてきたつもりだ。しかし人生はタイミングで、事故や病気に遭っていたかもしれない。これからも導きに感謝し、与えられた人生を全うするつもりだ。


母との時間

2018年11月18日

   母親と久しぶりに二人きりで過ごしました。あまり無い機会なので仕事を含めていろいろな話ができました。僕の本質が昔から変わらないことと、今でも大事に思っていることが伝わり、心地よい時間でした。いつまでも見守って、励まして欲しいと思いました。歳を重ねても理解してもらえる唯一無二の大きな存在で、今の自分がいることに感謝できました。

 


仕事を頼む

2018年11月11日

 僕は一人では仕事ができません。医師、看護師や検査技師、放射線技師、医療事務の職員全員に支えられて今の仕事ができています。日々感謝です。そしていつも多くの人にあらゆる仕事を頼むことが常です。その人に仕事を「信じて頼む」、つまり「信頼する」ことが仕事です。また自分も「信じられて頼まれる」ようになれば、「信頼された」と喜べます。「周りを信頼できて、周りから信頼される」それが有隣会のチームの目標です。



ごあいさつ

日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事