院長ブログ

過去を変えてみる

2021年4月24日

 過去は振り返らないって言うけど、過去がないと今の自分はない。過去は変えられないって言うけど、それは過去に起こった事実を変えられないのに過ぎない。つまり過去に起こった事実に対しての自分なりの解釈はいくらでも変えることができる。「あのときああ言われたから」と何年経ってもネガティブな気持ちに囚われるよりは、「あのときのあの人は何故そう言ったのか?」を考えてみる。過去に戻ってその言葉を言わなければいけなかった理由を考えてみる。そうすれば実はそこに愛があったかも知れない。過去を思い苦しくなったら思い切って振り返り、現実に起こった過去の出来事の解釈を変えてみることが今の自分を幸せに導くことになると思う。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事