院長ブログ

救い

2021年1月26日

 僕は病気を予防したり、診断したり、直したり、症状を取るのが仕事。仕事でお看取りするのは一番悲しい。患者さんが亡くなられたときにご家族から「ありがとうございました。」と仰ってもらい、救われている。しばらく経った頃に「あのときはありがとうございました。」とまた救われる。悲しいことがあるほど優しくなれる。それがいつも僕の救いになる。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事