院長ブログ

2021年6月16日

 誰もがネガティブな気持ちに囚われているとき、そのことを自分の中にいる批判者は増長している。「自分はダメな奴だ」、「こうなったのは自分のせい」と。

 物心ついたときから親や教師、周りの大人たちから聞いてきたネガティブな言葉たちの集合体が彼の正体だ。大体のことを成功しているのにそれを褒めずに、ちょっと僅かの失敗をけなしたり、前向きに進んでも過去にこだわり足を引っ張るのが彼の特徴だ。気づいたら出てきてしまうので消したくても消えない。だからいつも彼の声が聞こえてきたら反論する。それを繰り返す。彼だけには負けない。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事