院長ブログ

失敗自体

2022年6月20日

 僕たちは失敗したことで悲しむ。しかし失敗自体よりも失敗した自分が「どう思われるか?」でもっと苦しむ。世間体、親や子、配偶者に至るまで、周りの人たちに「白い目で見られやしないか?」「悪口を言われやしないか?」「評価が下がるのではないか?」って。失敗で苦しんでる人たちに言いたい。失敗自体で悲しむことはない。失敗自体で苦しむこともない。次に活かすための失敗でしかない。他人の目なんて考える必要もない。失敗から教わることの方が多いから。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事