院長ブログ

ストレスホルモン

2022年5月11日

 カテコラミンやコルチゾールなどのストレスホルモンが出やすい人は必要以上にストレスを感じる。同じ体験をしてもホルモンの出方が違うからストレスの感じ方も違う。ストレスホルモンは人を疲れさせる。疲れない方が良いのだが何故ホルモンが出やすくなるのか?出にくい体質にならないのか?過去の不安や恐怖体験がホルモンを出やすくさせているのだ。それが分かれば出にくくなるかも。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事