院長ブログ

母なるもの

2021年6月15日

 好意だと思って喜んでいたことが後で考えたら打算的に見返りを求められた行為だったら悲しい。そんなときは考え方で何とかなる。好意を持ってありのままの自分を受け止めてくれる「母なるもの」を持っている人は必ずいて、それを信じて日々を能動的に暮らしていればきっといいことがある。大切なのは自分に足りないものを求めて生きるより、自分にあるものを成長させて生きることで人は幸せになれる。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事