院長ブログ

2018年3月25日

 今年は早く咲いている桜に視線が上向きになっています。桜は日本を代表する花で、桜の語源はアマテラスの孫であるニニギノミコトの神話に出てきます。古くから我々が愛するこの花は暖かくなると一斉に咲き、春の訪れを告げ、新生活・新年度への希望を与えてくれています。そして他の花の花びらは落ちるのに、桜の花びらは舞い散る、そこに儚さを感じてしまいます。人の一生にも例えられるような尊さ、美しさを持つこの花を毎年拝める幸せを感じています。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事