院長ブログ

強要の教養

2021年5月28日

 感じ方はそれぞれ違う。夫婦であろうが、親子であろうが、兄弟であろうが、自分が好きなもの、苦手なものはだいたい違う。お互い合わせていった過程で好きになるかも知れないから、自分の好きな人が好きなものは挑戦してみてもいい。しかし自分が遊びに連れていって「楽しいでしょ」、自分が作って「美味しいでしょ」とか、ましてや自分で導いて「幸せでしょ」と相手の感じ方を強要することはお互いが辛くなる。楽しいか美味しいかは自分で感じる。自分が幸せだって感じる。「あなたのためを思って」は聞かなくても感じる。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事