院長ブログ

羽生選手

2018年2月18日

 羽生結弦選手がオリンピック2連覇を達成したことは、大変喜ばしいです。怪我を乗り越えたことも皆んなの感動を呼んだ理由の一つだと思います。男子スノーボードハーフパイプの金メダルを争ったホワイト選手と平野選手も大怪我を乗り越えて、大舞台で好勝負を演じていました。

 怪我が選手を強くさせると思いますが、怪我のタイミングがオリンピック寸前であれば出場も出来なかったであろうし、私たちがテレビで観ている裏側に怪我によってベストの状態ではなかった選手も少なからずいるのでしょう。怪我や病気になるタイミングは誰も決めることはできません。怪我予防に努めることや回復力を高めておくことはまずできることです。またいざというときに支えてくれる人がいることが大事です。支えてくれる人を大事に、支えられる人になりたいと考えさせられた羽生選手の金メダルでした。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事