院長ブログ

2021年11月17日

 コロナ禍が落ち着いてもマスク生活は続くだろう。息が苦しい、マスクを忘れ物にできない、聞き間違いが増える、顔全体が見られない。いいことと言えばマスク美人が増えることくらい。でも目は見ることができる。目は口ほどに物言うことを身に沁みて感じる毎日。元気?嬉しい?作り笑い?悲しい?幸せ?好き?嫌い?怒っている?マスクの下は…?全部目を見れば分かる。目という字は口が三つ重なることで成る。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事