院長ブログ

周りは何とも

2022年6月24日

 我が子は可愛い。愛犬も。だけど自分の子だったり、自分の犬だったりするから可愛いのである。それを周りの人も自分と同じようには可愛いことはまずない。それが分かればいいのだが、我が子を他人にも同様に可愛いがることを求める人がいる。また自分が気にしていることを周りは気にならないことも多いし、逆に自分が気にしてないことを周りが気にしていることも多い。だから周りが思うことについて気にし過ぎていると苦しくなるだけ。ときには、周りはあなたのことを何とも気にしないでいると思った方が楽に生きられる。ここははっきり言おう。僕たちは周りのために生きているのではない、自分のために生きているのだって。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事