院長ブログ

不穏ではなくて

2018年7月8日

 先日ある患者さんを訪問した際に、ケアワーカーの方に「不穏ではなくて不安なんです」と言われて気付かされたことがあります。その患者さんは「不穏」と言われ続けて、精神科の先生に抗精神病薬が増やされ続けたことがあります。不穏をつくるのは介護者や医療者で、患者さん自体の不安とそれを理解できない周囲の人間、つまり我々の不安だと改めて感じました。

 何年経っても理解し合える大学時代の仲間たち(先輩たち)との写真です。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事