院長ブログ

配役

2022年2月26日

 人生はみんな、いろんな役を与えられる。親だって、子だって、妻だって、夫だって、社長だって、平社員だってその役だ。生きていれば自分に合った役が回ってくると思って生きていた方がいい。たとえ自分の能力を上回ると思うような大役も、それを粛々と引き受け努める。その役に相応しい人にいつかは成れる。たとえ自分は昇進せずにライバルが昇進しても、拗ねずに受け止めて与えられている役を努める。神さまはその人に合った役しか配らないはず。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事