院長ブログ

過大評価

2021年7月30日

 自分のしたことを過大に評価してもらおうとする人がいる。他人に評価されないと愛されてない、ここに必要ないと感じてしまう。他人からの評価は求めなくていい。大切な人からの評価だってその人の愛を信じていればいい。いつも自分自身が自分を褒めて、足りないところは補う努力を少しでいいから続けてみれば、あとの評価は少しのおまけにはなる。みんな等身大で十分です。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事