院長ブログ

軟膏治療について

2017年1月16日

cimg0689
 みなさんこんにちは。当院は在宅や入院での治療に、院内薬局で数種類の独自の軟膏を調剤し、患者さんに使ってもらっています。もちろん各方面の文献発表や、他院の医師や薬剤師の先生とも相談し、一人一人の病態に合わせて調剤しています。写真にあるのはその一つ、歯肉がんの方へ抗炎症と疼痛緩和のため、歯科医の先生と相談し調剤したケナログ(ステロイド)とフラジール(抗生物質)を配合したものです。有隣会ではこういった独自の治療もおこなっています。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事