院長ブログ

無害者

2021年5月30日

 「聞いてくれる?あの人って酷いの」、「あいつだけは死んでも許さない」って言う人がいます。ちょっと聞くと酷く傷つけられることを誰かにされて、それを被害的に話しています。そして被害を受けたと言う人が憎しみを持った時点で、批判や悪口、攻撃を始めます。この時点で加害者と被害者が入れ替わります。これを人はずっと繰り返してしまいます。

 誰も加害者になりたくない。相手を傷つけたくない。もし傷つけたら自分も傷つく。加害者と被害者は法律では裁くことができますが、心ではずっと立場を入れ替えながら悪循環を繰り返していきます。だったら被害者であることは苦しいから手放すこと、相手を攻撃することを手放すことが救われる道です。加害者でも被害者でもない「無害者」は楽です。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事