院長ブログ

持ってる

2021年11月12日

 今シーズン引退したハンカチ王子はかつて「自分は持ってる、最高の仲間を」と早大野球部の仲間への愛情と感謝を伝えたことがあった。その後も彼を僕たちは応援して見守った。しかし好成績を残せないでプロ生活を終えることとなった。学生時代に一度も練習を休んだことのない彼がプロでは故障に泣いた。学生時代の甲子園、神宮での活躍とともに、メディアへの発言や彼を慕う多くの仲間や日本中のファンたち、記憶に残る偉大な投手だと思う。彼は間違いなく持っていた。自分も「持ってる」って思える人でいたいと感じた。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事