院長ブログ

押し殺す

2022年3月9日

 誰かを傷つけないかとか嫌われないかと思って自分を押し殺し、その場は相手の機嫌を取り、後で押し殺した自分をまた出してきて攻撃する人がいる。攻撃するならまだいいが、押し殺した憎しみから眠れない夜を過ごすならば到底自分を愛することはできない。その人は優しくもなければただの恐怖症。自分が嫌われたくないだけで優しい人を演じている。しっかりと自分の意思で生きるべき。優しさとは与えるだけでお互いが幸せに思えるもの。自分を押し殺す必要はないので。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事