院長ブログ

寂しくて

2022年11月16日

 寂しいという感情は、1人では生きられない人間に与えられた防衛的な反応と考える。そして他人の行動が自分の思いとはすれ違うときに生じる。

 思えば生まれたときから寂しかったかもしれない。保育園に頸が座らない頃に入園し、お迎えはいつも暗くなってからだった。学校から帰ったら家には誰もいないから、首に下げた合鍵で家に入り、おやつは引き出しを開けて食べた。幼い頃から友人は多くてありがたかったが、その分別れも多かった。18歳からの一人暮らしは気楽さよりも寂しさが勝っていた。大学病院を早く辞めてわかくさ病院で働いてからは、普段会えない大学で活躍する同級生たちを寂しさから羨んだ。恋人たちとの別れも寂しさから延び延びになっていた。でも僕だけではない。みんな同じような寂しさを感じて生きてきたんだ。

 僕は寂しさを勘違いしていた。他人のせいにしたり、運命のせいにしたりしていた。人は寂しさを勝手に怒りに変えて誰かを責める。誰も寂しくさせようとなんてしていないのに。そして自分をさげすんだりもする。寂しく感じることはちっとも悪いことじゃない。寂しくて辛いときには自分をそっと抱きしめるだけでいい。誰かを傷つけるための感情ではなく、自分をいたわるための感情だと思おう。誰かと一緒にいなくてもきっと心は繋がっていると信じる。誰かと物理的に繋がるのは胎児だけで卒業しているのだ。自分の寂しい感情をしっかり自分で受け入れることができたとき、きっと寂しさは消えていくものだから。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事