院長ブログ

2018年7月16日

 暑い夏が続いています。何年か前から熱中症対策に、水分と塩分の補給が言われています。汗をかくと、水分と同時に塩分も失うのです。しかも汗は、はじめは薄い塩分ですが大量にかくと、次第に濃度が高くなります。生命維持に関わる循環、消化、神経などに不可欠な塩分は、汗をかけばかくほどその量を増やして摂取することが大事です。洋食に比し塩分が多い和食は、高温多湿で汗をよくかく風土の賜物です。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事