院長ブログ

副反応

2021年5月18日

 わかくさ病院でもコロナワクチンの住民接種が始まりました。一人一人、地域、社会、世界のために仕事ができる幸せを改めて感じております。

 先行的に医療従事者接種をさせていただき副反応の多様性が分かりました。全く同じワクチンを打ったのにも関わらず、発熱や頭痛で寝込んでしまう人、全く忘れてしまう人、気にせずに運動する人、大切な仕事を入れて困ってしまう人、1回目の方がずっと辛い人、お酒でいつもより酔っ払ってしまう人、副反応が出なくて残念がる人…。それぞれ違うのです。人生における出来事に対しての反応みたいにみんなが同じでないのです。それぞれがそれぞれを受け入れていくのが大事だと改めて感じる副反応でした。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事