院長ブログ

ガンバレルーヤ

2018年3月14日

 「あの人は頑張ってはいます」、「私だって頑張っているのに」など、仕事をしているとよく聞く「頑張る」という言葉です。しかし僕には「頑張る」という言葉だけでは、魅力をあまり感じません。「我を張る」や「眼張る」に語源があることもありますが、どうしても肩に力が入り過ぎて、周りを見られない状態を指している気がしてならないのです。問題は、頑張り方の工夫や仲間に頑張ってもらうことで、自分自身が頑張ることに執着することはマイナスにもなり得ます。もちろん頑張った先には達成感もあるでしょう。しかし頑張り切れなかった先には挫折感が強く残ると考えます。つまり物事に取り組む際には、意識して頑張る必要は無い気がします。自然と努力が続けられることが大事だと思います。「やめようと思っていたけどこれくらいなら何とか頑張れるや」くらいの力の入り具合で良いかと思われます。話題の女芸人コンビくらいのユルイ感じで。写真は、医師と看護師向けの除細動の勉強会です。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事