院長ブログ

インフルエンザ(1)

2017年1月25日

DSCN0056

 インフルエンザ流行がピークを迎えつつあります。当院にある5台のインフルンザの検査機もフル稼働しています。毎年インフルエンザの患者さんを診ていると、かかりやすい方の職業・背景が見えてきます。やはり接客業の方は多いです。特に挙げると密室で、調子の悪い人を乗せることが多い、タクシーの運転手さん。お客さんとの距離が近いためか美容師さん、空調の効いた室内での時間が多いデパートやショッピングセンターの特に服飾店員さんが多いようです。なぜか食料品やレストランは少な目。職場の気密性が関係ありそうです。言わずもがな、医療関係者、教員・保育士さん。また職業に関係なく電車通勤の方、小さい子供さんがいる方、そして病院に行った方・・・。これらはあくまで持論ですが、この時期は特にご自愛ください。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事