院長ブログ

べき

2021年3月26日

 世の中から「〜べき」を失くしたい。「親なら〜するべき」、「男なら〜すべき」ってみんなは言う。強制的に感じる。自分でも「あのとき〜するべきだった」、「やるべきことをやる」と自分に言い聞かせているうちは疲れる。他人には「〜した方がいい」とか「〜して欲しい」と伝えるのが良く、自分には「〜したい」、「〜しよう」と思うと楽になる。まずは「べき」に掴まられないように気をつける。



ごあいさつ



日々の出来事の中で私が思ったこと、ちょっとした情報、コメントなど、少しずつあらゆるジャンルで感じたことをつづっていきたいと思います。患者さんやそのご家族の方、一般の方、そして職員にも、当院のことを少しでも身近に感じていただけるよう、院内の様子なども随時更新いたしますので、ぜひご覧下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 矢吹 辰男】
院長イラスト

最近の記事